塩づくりの現場から(Blog)


杜のはじまりワークショプ  Blog

2013年、大地の再生講座でお馴染みの矢野智徳氏をお迎えして、UNIVER-CITY OHSHIMA主催のワークショップ、「杜のはじまりワークショップ」に協賛いたしました。その後、ワークショップにて手を入れた土地に第二塩ドームを建設。

ここでは全4回のワークショップのご報告と、その後の第二塩ドーム建設の様子をご紹介いたします。

杜のはじまりワークショップ

第一回のご案内♪


杜のはじまりワークショップ

第一回 ご報告

 

風がどう吹いて、草を揺らしている?

風のように草刈りをする「風の草刈り」を学びました。

自然と観察する目も養われます。


杜のはじまりワークショップ

第二回 ご報告

 

沢まで下りて、みんなの力で沢の大掃除。

うっそうとしていた沢は風と光が通る美しい小道になりました。

人の手の力はすごい!


杜のはじまりワークショップ

第三回 ご報告

 

大雨の中の開催。

矢野さんや島外からの参加者は臨時便で島外へ帰り、その日の夜、2013年台風26号による伊豆大島土石流災害が発生しました。

土石流災害の翌日、みんなで作業した土地は、何もなかったように佇んでいたのが印象的でした。


杜のはじまりワークショップ

第四回 ご報告

 

いよいよ最終回の4回目。

土石流災害後ということもあり、島内外の多くの関心を呼びました。

矢野さんの視点からの防災、土木のあり方についてのお話会もありました。


杜のはじまりワークショップ全4回を終え

その土地に、手作りで塩ドームを建設していきました。


その後も手作業でドーム建設は続き、まる2年の歳月を経て2015年に完成。

今でも稼働してくれています。